カラオケで盛り上がる曲【10代】!失敗体験と意外なルール

カラオケ10代盛り上がる曲についてずらさんが過去のカラオケ体験から考える!

カラオケ盛り上がる曲について、この記事をご覧いただきありがとうございます。

盛り上がる曲は、とりあえずノリノリの曲ならOK?

カラオケといえば、娯楽のイメージがありますが、細かい目的は人それぞれ。

友達と遊びに、同僚・上司等の会社の付き合い、合コン等様々。

高齢者も老人会の集まりの場としても利用されていますよね。

しかし、

現在12月。もうすぐ今年も終了。

そろそろ忘年会のシーズンですね。

せっかくの最後のカラオケだから、みんなで盛り上がりたい!!

でも、どんな曲を選んだらいいのかわからない・・・

忘年会の二次会・三次会にカラオケなんてのも全然あり得ることかと思います。

今年のたまりにたまった疲れもカラオケで盛り上がってふきとばしたいと思いますよね。

すると、

このようなことを考える方の多くが以下のような疑問を持っているかと思います。

・カラオケで盛り上がれる曲選びに注意点は?

・カラオケで盛り上がれる曲は具体的にどんな感じの曲を選べばいい?

ホントこんな悩みはつきものですよね(笑)

よく知っている人とのカラオケならまだしも、バイトや会社のつきあいでのカラオケなら、曲選びついても気になるところがあるかと思います。

このサイトは自分のこれまでの経験から得られた気づき、その他、お得情報を皆様に紹介させていただいています。

管理人のずらさんと申します。

この記事では、主にカラオケにまだあまり行ったことがない10代を対象として、盛り上がる曲に関して以下の内容を紹介しています。

・カラオケの盛り上がる曲とは?誤解と失敗

・カラオケの盛り上がる曲の選び方(10代向け)意外なルール

なぜ、10代向けを言うかというと、単に自分がまだ10代だからです(笑)。

年齢によって「盛り上がる曲」の価値観など変わってくるかと思ったので、10代向けとさせていただきました。

しかしながら、

ここで紹介する「盛り上がる曲」というのは、年齢差がそれなりにない限り問題ない内容かと思いますので、実際は、別に10代以上・以下でも全然大丈夫です(笑)。

以上のことをご了承の上、この記事に興味を持っていただけるようでしたら、続きをご覧になってほしいと思います。

スポンサードリンク

カラオケの「盛り上がる曲」とは?誤解と失敗

カラオケ 盛り上がる 10代 曲

皆さん、カラオケで「盛り上がる曲」といたらどんなイメージをするでしょうか?

・ハイテンションなポップな感じの曲?

・今、流行りの曲?

どちらも正解です。

ですが、

・のんびりした曲

・落ち着いた・少し悲しそうな感じの曲

等をあげる方は少ないのではないでしょうか?

かつての自分は普通に前者をイメージしていました(笑)

でも、実は

後者でも全然、盛り上がることが可能なのです。

極端な話、どんな曲でも盛り上がるための要素は十分持っています。

何もわいわいしそうなノリノリな感じの曲だけがいい訳ではないのです。

なぜかといいますと、カラオケで重要なのは盛り上がれそうな曲ではなく、その時の周囲の状況だからです。

例えば、

フリータイム(長時間のカラオケ)で、ずっと、盛り上がりそうな曲を選ぶとします。

最初は盛り上がっていても、後の方になったら周りはスマホをしていたり、会話していたりしている状態になったりしませんか?

盛り上がるカラオケというのは、単に盛り上がればいいというわけではありません。

人はずっとノリノリのテンションを保ち続けることはできません。

二次会・三次会のカラオケならなおさら維持できないでしょう。

盛り上がる」とは「楽しむ」ことです。

以上のことを踏まえた上で、具体的にどんな曲を選べばいいのか、そして、盛り上がるカラオケについてのルールを説明していきたいと思います。

カラオケで盛り上がる曲の選び方と意外なルール

カラオケ 盛り上がる 10代 曲

盛り上がる曲の選び方

まず、盛り上がる曲としては、想像できるものがあると思いますが、大きく三種類があげられます。

1、今、トレンドの曲(これは少し高齢の方には難しいところがあるかもしれませんね)

2、長期的に人気の曲

3、アニソン

1、今、流行りの曲について

これは、そのままですが現在流行中の曲ですね。

例えば、今年だと、

・恋ダンスで有名な星野源が歌う某ドラマの主題歌

・今年のリオデジャネイロオリンピックの安室奈美恵が歌うテーマソング

・映画「君の名は」のRADWIMPS歌う主題歌

・今、世界中で流行っているピコ太郎の歌う「PPAP」

とりあえず、思い浮かぶものを箇条書きしてみました。

他にもいろいろあるかと思いますが、どうしてもそういうのが思い浮かばない方もいるはず・・・

そういう方は選曲時に使う専用端末に、「人気の曲」や「過去の選曲履歴」を閲覧することが可能です。

そこにある曲は、そういったトレンドの曲であることも結構多いのでおススメです。

2、長期的に人気の曲について

これは、大まかに二種類あります。

・歌手やグループは長期的に有名である(あった)わけではないが、カラオケ曲として親しまれる曲

・逆に長期にわたって、テレビにも出続けており、人気の曲

前者は、いわゆる、カラオケソングと聞いて、頭に浮かぶもの。

例えば、

・ゴールデンボンバー「女々しくて」

・高橋洋子「残酷な天使のテーゼ」

・ZARD「負けないで」

等、皆さんもご存知の曲だと思います。

人によってカラオケソングは違ってくると思いますが、大体どれも認知度の高い曲です。

後者は、主に、

SMAP、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2などのジャニーズやAKB48などのアイドルの歌う曲に当てはまります。

例えば、個人的に彼らの曲で知っている率が高い曲ですぐ思い浮かぶのは、

・SMAP「世界に一つだけの花」

・AKB48「ヘビーローテーション」、「恋するフォーチュンクッキー」

などでしょうか。

以上が長期的に人気の曲についてです。

3、アニソンについて

これは、その人が何を目的としてのカラオケかによって対応が変わってきます。

・普通にカラオケを楽しみたい

・カラオケを自己表現の場として楽しみたい

前者の場合は、人に好感の持てる曲、多くの人が知る曲・・・

となると、アニソンではジブリ系がおススメです。

(他のカラオケ関連記事でもジブリ系を押してます(笑))

他には、先ほどにもあげた「残酷な天使のテーゼ」もおススメです。

歌いやすい、覚えやすい、さらには広い世代で知られている曲だからです。

次に後者について。

自分を出していく場なので、正直、自分の好きなアニソンを歌ってくれて全然問題ありません(笑)。

しかし、

カラオケというものは、カラオケ中での態度、選曲、歌い方など人に与える印象が大きいという特徴があります。

自分は、かつてこのことについて誤解していたところがあり、失敗経験をしてしまいました。

カラオケで盛り上がるアニソンは?どうやって選ぶ?

なので、

自分を知ってほしいと思われる方なら、これは絶好のチャンスかもしれませんが、そうでない方・普通にカラオケを楽しみたい方はあまりお勧めできません。

以上が長くなりましたが、具体的に盛り上がる曲についてでした。

盛り上がるカラオケに関するルール

これは、先ほどの自分の失敗からきていることです。

先ほどにも述べましたが、

盛り上がるカラオケというのは、何も盛り上がればのではありません。

みんなが「楽しめる」ことこそが本当の「盛り上がる」カラオケです。

カラオケ時間別に盛り上がるカラオケの大まかな流れを書いてみました。

フリータイム(長時間カラオケ)の場合

1、初盤は一気に盛り上がりそうな曲を歌ってみる。

先ほど紹介した、トレンドの曲等おススメ。

2、周りが疲れてきた様子だったら、歌いやすい曲を選ぶんで休憩の意味もこめて選曲する。

3、そして、周りがまた盛り上がってきたら1に戻る。

4、中盤から最後にかけては、全員が完全に疲れているので、ここからは自分の歌いやすい曲

を歌い続けても大丈夫。

これなら、自分も周りも疲れないし全体的に楽しい、そして盛り上がるカラオケになります。

疲れてしまっては楽しいなんてことまずないですからね。

短時間カラオケの場合

1、基本、前半~後半までは盛り上がる曲を重点的に選んで歌っていく。

2、後半からは、自分の歌いやすい曲を選んで大丈夫。

カラオケ時間別に盛り上がるカラオケの流れを書いてみました。

以上が盛り上がるカラオケにするためのルールです。

別に無理して、自分が盛り上がりそうな曲を選ばなく手もOKなんです!!

最後に

カラオケ 盛り上がる 10代 曲

カラオケ盛り上がる曲についての誤解や注意点

カラオケ盛り上がるため意外な方法

など書かせていただきました。

今年ももうすぐで終了。

最後のカラオケでしたらよりみんなで楽しめるものにしたいですね!

この記事から、みなさんにカラオケでのいい思い出を作れるきっかけになれたら幸いです。

内容は以上とまでとなっております。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

これでいいのです1(記事内)
スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする